ジャンゴ 繋がれざる者 評価まとめ

「ジャンゴ 繋がれざる者」(原題:Django Unchained)は、2012年にアメリカで公開された映画で、監督・脚本はクエンティン・タランティーノ。出演はジェイミー・フォックスです。第85回アカデミー賞で、脚本賞と助演男優賞を受賞しました。

あらすじ

南北戦争直前の1858年、アメリカ南部。黒人奴隷として売りに出されたジャンゴは、元歯科医の賞金稼ぎでキング・シュルツと名乗るドイツ人に買われる。差別主義を嫌うシュルツはジャンゴに自由を与え、賞金稼ぎとしての生き方を教える。ジャンゴには生き別れになったブルームヒルダという妻がおり、2人は賞金を稼ぎながら彼女の行方を追うが、やがて残忍な領主として名高いカルビン・キャンディのもとにブルームヒルダがいるということがわかり……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.01/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.4/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.6/10
  • 批評家スコア 81/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 91/100
  • 批評家スコア 87/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.7/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.2/10   

平均スコア: 8.26/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です