カサブランカ 評価まとめ

「カサブランカ」(原題: Casablanca)は、1942年にアメリカで公開された映画で、フランス領モロッコのカサブランカを舞台にしたラブロマンス作品です。監督は、「汚れた顔の天使」、「四人の姉妹」のマイケル・カーティスで、第16回アカデミー賞にて作品賞・監督賞・脚色賞の3部門を受賞しました。

 © 2008 Getty Images – Image courtesy 

あらすじ

第2次世界大戦下の1941年、アメリカへ行くためには必ず通らなければならない寄港地だったフランス領モロッコのカサブランカ。そこで酒場を営むアメリカ人リック(ボガート)の元に、パリで突然消えてしまった恋人のイルザが、夫で反ナチス活動家のラズロを伴って現れる……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.12/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.9/10
  • 批評家スコア 100/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 95/100
  • 批評家スコア 99/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.6/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.8/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8/10   

平均スコア: 8.52/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

地獄の黙示録 評価まとめ