地獄の黙示録 評価まとめ

「地獄の黙示録」(原題:Apocalypse Now )は、1979年にアメリカで公開された映画で、ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原作に、舞台をベトナム戦争下のジャングルに移して戦争の狂気を描いた作品です。アカデミー賞では作品賞を含む8部門でノミネートされ、そのうち撮影賞と音響賞を受賞しました。監督は、「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラです。

© Zoetrope Studios

あらすじ

サイゴンのホテルに滞在していたアメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部からカーツ大佐の暗殺を命じられる。カーツ大佐は任務で訪れたカンボジアのジャングル奥地で勝手に自らの王国を築きあげ、軍から危険人物とみなされていた。ウィラード大尉は部下たちを連れ、哨戒艇で川をさかのぼってカーツ大佐の王国を目指すが、その途中で戦争がもたらした異様な光景を次々と目撃する。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.87/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.4/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 94/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 94/100
  • 批評家スコア 98/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.4/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.4/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア: 8.28/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です