街の灯 評価まとめ

「街の灯」(原題:City Lights)は、1931年にアメリカで公開された映画で、「モダン・タイムス」のチャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・主演したコメディ映画です。浮浪者の男と盲目の花売りの少女のロマンスを描いたコメディ作品です。

City Lights (1931)

あらすじ

世の中は極端に不景気。小男で風彩もあがらず、服装もみすぼらしく、職もなく住むところもないチャーリーは、職にありつけそうもなく、毎日あちこちさすらい歩いてフーテン暮らしをしていた。そんな彼が一人の娘に恋をした。街角で花を売っている、盲目の貧しい娘だ。彼は彼女の目を治す為に、金を稼ごうと一大決心をするが……。

出典:allcinema ONLINE

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 4.2/5  
  • 普遍の「愛」を笑いあり涙ありで表した名作。
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.51/5   
  • ラストシーンは、涙なしには見れない感動作。
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.2/5   
  • チャップリンの純粋さ、心の優しさが非常に感じられる演出力。

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • チャールズ・チャップリンの目、口元と指先、仕草、表情などの豊かに表現力。
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.9/10
  • 批評家スコア 99/100  
  • 古典的なコメディで描かれる演出で、笑顔になれる作品。
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 96/100
  • 批評家スコア 98/100 
  • サイレント映画の最高傑作。
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9.3/10    
  • 100年近く経っても多くの人間を笑わせることができる凄まじいパワーをもった作品。
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.7/10   
  • 最高の純愛喜劇。
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.5/10   
  • ラストの表情が何とも言えない・・・・素晴らしい

平均スコア: 8.88/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

最強のふたり 評価まとめ