モダン・タイムス 評価まとめ

「モダン・タイムス」(原題:Modern Times)は、1936年にアメリカ公開された映画で、機械文明に対して痛烈な諷刺を込めて描いた作品です。「街の灯」のチャーリー・チャップリンが監督・製作・脚本・作曲を担当した作品です。

あらすじ

文明という名の機械化の波があれよあれよという間に押し寄せてきた30年代。工場で働くチャーリーは、スパナを両手に次々と送られてくるベルトコンベアーの部品にネジを締めていた。ところが絶え間なく運ばれてくる部品を見ている内に、段々彼の頭がおかしくなっていった……。

出典:allcinema ONLINE

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.22/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.1/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 96/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 95/100
  • 批評家スコア 100/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9.3/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9.3/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア: 8.75/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です