戦場のピアニスト 評価まとめ

戦場のピアニスト(原題: The Pianist)は、2002年に公開されたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの共同製作映画で、ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンを描いた作品です。監督は、「チャイナタウン」「テス」のロマン・ポランスキー、主演はエイドリアン・ブロディです。第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、監督賞、主演男優賞など計3部門で受賞しました。

© 2002 – Focus Features – All Rights Reserved

あらすじ

1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。しかしある夜、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.13/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.9/10
  • 批評家スコア 85/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 96/100
  • 批評家スコア 95/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9.2/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9.3/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.5/10   

平均スコア: 8.57/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です