アメリカン・ヒストリーX 評価まとめ

「アメリカン・ヒストリーX」(American History X)は1998年にアメリカで公開された映画で、白人至上主義の兄弟の悲劇を通し、現代アメリカの社会問題を描いた作品です。主演は、「ファイト・クラブ」のエドワード・ノートンと「ターミネーター2」の エドワード・ファーロングです。

あらすじ

カリフォルニアの高校に通うダニーは、尊敬する兄デレクが刑務所を3年振りに出所する日、校長に呼び出される。「兄弟をテーマに作文を書け。タイトルは『アメリカン・ヒストリー X』……」デレクは地元のスキンヘッド(白人至上主義グループ)のリーダーとしてカリスマ的な存在だった。彼がその道に足を踏み入れたのは、父が黒人のドラッグ・ディーラーに殺されたことがきっかけだった。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.33/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.1/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 62/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 96/100
  • 批評家スコア 83/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.5/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.7/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.3/10   

平均スコア: 8.35/10

深い絆で結ばれた兄弟愛と断ち切れない人種差別の連鎖を描いたテーマ性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です