千と千尋の神隠し 評価まとめ

「千と千尋の神隠し」(英題:SPIRITED AWAY)は、2001年に日本で公開されたアニメ映画で、10歳の少女が、、両親と地方都市に引っ越す途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語です。監督は宮崎駿で、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位を記録、第75回アカデミー賞でも長編アニメーション賞を受賞しました。

(C)2001 二馬力・TGNDDTM

あらすじ

10歳の千尋は、両親と地方都市に引っ越す途中、異世界に迷い込む。そこでは人間は、魔女=湯婆婆が経営する神さまのための銭湯で働かない限り、ブタや石炭に変身させられてしまうのだった。ブタになった両親を助けようと、千尋はそこで働きはじめる。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.16/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.1/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.6/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 9/10
  • 批評家スコア 96/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 96/100
  • 批評家スコア 97/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9.4/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9.2/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.4/10   

平均スコア: 8.79/10

異世界の独特な世界観少女が異世界の住民との関わりで成長していく感動の物語。

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です