羊たちの沈黙 評価まとめ

「羊たちの沈黙」(原題:The Silence of the Lambs)は、1991年公開にアメリカで公開された映画で、連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、犯人逮捕のアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との交流を描いた作品です。トマス・ハリスの同名小説を原作とした作品で、監督は「レイチェルの結婚」のジョナサン・デミ、主演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレンです。第64回アカデミー賞で、作品賞を含む主要5部門を受賞しました。

The Silence of the Lambs (1991)

あらすじ

FBIアカデミーの優秀な訓練生クラリスは連続誘拐殺人事件の捜査スタッフに組み込まれ、犯罪者として収監されているレクター博士と面会する。それは、天才的な精神科医でありながら、自らの患者を次々と死に追いやったレクターこそ事件の謎を解く鍵になると見込んでのことだった。レクターはクラリスに興味を示し、捜査の手がかりを与える。ふたりが次第に心を通わせていく一方、新たな誘拐事件が。そしてレクターは脱獄を図り……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.29/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.6/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 85/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 95/100
  • 批評家スコア 96/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.8/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.3/10   

平均スコア: 8.61/10

ハンニバル・レクター博士の狂気を感じさせる圧倒的な存在感。

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です