プライベート・ライアン 評価まとめ

「プライベート・ライアン」(原題:Saving Private Ryan)は、アメリカで1998年に公開された戦争映画で、第2次世界大戦を題材に、1人の兵士の救出に向かうの男たちの友情と生き様を描いた物語です。監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はトム・ハンクスで、アカデミー賞では11部門にノミネートされ、監督賞、編集賞、撮影賞、音響賞、音響編集賞の5部門を受賞しました。

Saving Private Ryan (1998)

あらすじ

1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。そんな中、オマハビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に、落下傘兵ライアン二等兵を戦場から救出せよという命令が下された。彼には3人の兄がいたが、全員が死亡。兄弟全てを戦死させる訳に行かないと考えた軍上層部の決定であった。ミラーは中隊から7人の兵士を選び出し、生死も定かでないライアン二等兵を探すために戦場へと出発するのだが……。

出典:allcinema ONLINE

日本サイト 評価まとめ

  • 映画.com
  • ユーザースコア 4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.18/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.6/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.9/10
  • 批評家スコア 91/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 95/100
  • 批評家スコア 93/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.8/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.2/10   

平均スコア: 8.57/10

勇敢に挑む者や戦いに散った者、各々の生き様とその後の人生模様を描いた、重厚な人間ドラマ。

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

羊たちの沈黙 評価まとめ