七人の侍 評価まとめ

「七人の侍」は、1954年に日本で公開された映画で、野武士の略奪により困窮した百姓に雇われる形で集った7人の侍の野武士の一団との闘いを描いた物語です。監督は、「用心棒」、「羅生門」などの黒澤明、主演は主演は三船敏郎と志村喬です。

Shichinin no samurai (1954)

あらすじ

時は戦国時代のとある貧しい農村。農民たちは野盗と化した野武士たちの襲撃を恐れ、おののいていた。そこで村を守るために用心棒を雇うことを決意、食うに窮する七人の侍を探し出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 4.4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.54/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.3/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.6/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 98/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 97/100
  • 批評家スコア 100/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9.2/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.2/10   

平均スコア: 8.96/10

すべての登場人物が主人公に見える魅力的な侍達と無駄が一切ない極上のエンターテインメント性

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です