はちどり 評価まとめ

「はちどり」(原題:벌새、英題:House of Hummingbird)は、2018年に韓国で公開された映画で、思春期の少女の揺れ動く思いや家族との関係を描いた作品です。キム・ボラの長編映画監督デビュー作で、実体験をもとに描いています。

(C)2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.

あらすじ

94年、空前の経済成長を迎えた韓国。14歳の少女ウニは、両親や姉兄とソウルの集合団地で暮らしている。学校になじめない彼女は、別の学校に通う親友と悪さをしたり、男子生徒や後輩の女子とデートをしたりして過ごしていた。小さな餅屋を切り盛りする両親は、子どもたちの心の動きと向き合う余裕がなく、兄はそんな両親の目を盗んでウニに暴力を振るう。ウニは自分に無関心な大人たちに囲まれ、孤独な思いを抱えていた。ある日、ウニが通う漢文塾に、不思議な雰囲気の女性教師ヨンジがやって来る。自分の話に耳を傾けてくれる彼女に、ウニは心を開いていくが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ ※6月20日公開 更新時6月22日 随時更新

  • 映画.com
  • ユーザースコア 3.7/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 5/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.1/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 7.3/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア /10
  • 批評家スコア 79/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 78/100
  • 批評家スコア 100/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.9/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.2/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア /10   

平均スコア: 8.23/10 随時更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です