パルプ・フィクション 評価まとめ

「パルプ・フィクション」(原題:Pulp Fiction)は、1994年にアメリカで公開された映画で、クエンティン・タランティーノが「レザボア・ドッグス」に続いて手がけた監督第2作です。1930~40年代のアメリカで流行した大衆向け雑誌の犯罪小説をモチーフに、3つのエピソードが交錯する斬新なスタイルで描いた物語です。1994年のアカデミー賞では7部門にノミネートされ、そのうち脚本賞を受賞しました。

Pulp Fiction (1994)

あらすじ

ギャングのビンセントとジュールスは組織を裏切った青年の家を訪れ、盗まれたトランクを取り返す。また、ボスから愛妻ミアの世話を頼まれたビンセントは彼女と2人で夜の街へ繰り出すが、帰り際にミアが薬物を過剰摂取し昏睡状態に陥ってしまう。一方、落ち目のボクサーであるブッチは八百長試合を引き受けるが裏切って勝利を収め、恋人とともに街から逃亡を図る。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.15/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.9/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 9.1/10
  • 批評家スコア 94/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 96/100
  • 批評家スコア 91/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.8/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.4/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.6/10   

平均スコア: 8.6/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です