ダークナイト 評価まとめ

「ダークナイト」(原題: The Dark Knight)は、2008年にアメリカ・イギリスで共同製作された映画で、DCコミックスの「バットマン」を原作とした実写映画作品。2005年に公開された「バッドマン ビギンズ」の続編で、前作同様に監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベールです。第81回アカデミー賞において8部門(助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞)にノミネートされ、2部門(助演男優賞、音響編集賞)を受賞しました。

TM & (C) DC Comics (C) 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

あらすじ

ゴッサム・シティに現れた史上最悪の犯罪者ジョーカー。バットマン=ブルース・ウェインは、協力するゴードン警部補や新任地方検事ハービー・デントらと共にジョーカーに立ち向かうが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 4.3/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.39/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.2/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 9/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 9/10
  • 批評家スコア 84/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 94/100
  • 批評家スコア 94/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 9.2/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.5/10   

平均スコア: 8.84/10

善悪の二面性を追求した秀逸な脚本と悪役ジョーカーの存在感

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です