ダークナイト ライジング 評価まとめ

「ダークナイト ライジング」(原題: The Dark Knight Rises)は、2012年にアメリカ、イギリスで公開された映画で、「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編です。監督は、前作同様クリストファー・ノーランが務め、主演のクリスチャン・ベールのほか、新キャストとしてアン・ハサウェイが出演します。

(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

あらすじ

悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていく。

出典:シネマトゥデイ

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.11/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.4/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.2/10
  • 批評家スコア 78/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 90/100
  • 批評家スコア 87/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.8/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.3/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア: 8.25/10

バッドマンの正義と信念が描かれる理想の完結作

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です