第九軍団のワシ 評価まとめ

「第九軍団のワシ」(原題:The Eagle)は、2011年にアメリカ、イギリスの共同製作された歴史映画で、ローズマリー・サトクリフによる小説『第九軍団のワシ』を基にした映画です。主演は、「キングスマン: ゴールデン・サークル」、「マジック・マイク」のチャニング・テイタムと「ロケットマン」のジェイミー・ベルです。

The Eagle (2011)

あらすじ

西暦120年、ローマ帝国の支配下だったカレドニア(今のスコットランド)で起きた内乱を平定するためローマ帝国最強の第9軍団が出撃するが、そのまま消息を絶ってしまう。その20年後、第9軍団の副司令官だった父親を捜すため軍人のマーカスが冒険の旅に出る。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.56/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.2/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 6.2/10
  • 批評家スコア 55/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 41/100
  • 批評家スコア 40/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.3/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.6/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.8/10   

平均スコア: 6.28/10

ローマ人と奴隷の友情と父と子の絆を描いた名誉を取り戻す戦い。

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です