シン・シティ 評価まとめ

「シン・シティ」(原題:Sin City)は、2005年にアメリカで公開された映画で、フランク・ミラーによるコミック「シン・シティ」を映画化した作品です。悪徳の街シン・シティを舞台に、誘拐犯から救った少女の身を案じる老警官や、一夜を共にした娼婦の仇討ちを決意する犯罪者など宿命に踊らされる男女たちを描く作品で、監督は、フランク・ミラーとロバート・ロドリゲスの共同監督で、特別ゲスト監督としてクエンティン・タランティーノが一部を担当しています。出演は、ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、イライジャ・ウッドなど。

Sin City (2005)

あらすじ

“シン・シティ”の住人マーヴ(ミッキー・ローク)は、夢のような美女ゴールディ(ジェイミー・キング)と一夜を共にする。しかし朝目覚めるとゴールディは冷たくなっていた。

出典:シネマトゥデイ

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.3/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.49/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 74/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 78/100
  • 批評家スコア 77/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.4/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 7.6/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.9/10   

平均スコア: 7.61/10

3人の男たちの愛と復讐を描いたバードボイルドストーリーにバイオレンスなアクションシーン

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です