シン・シティ 復讐の女神 評価まとめ

「シン・シティ 復讐の女神」(原題: Sin City: A Dame to Kill For)は、2014年にアメリカで公開された映画で、2005年に公開された映画「シン・シティ」の続編です。フランク・ミラーによるコミック「シン・シティ」シリーズの2冊目「A Dame to Kill For」を原作とし、前作同様にロバート・ロドリゲスと原作者ミラーが共同監督を務めました。

Sin City: A Dame to Kill For (2014)

あらすじ

どこからともなく、ならず者たちが集う街シン・シティ。ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバ)は、なまめかしいダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガンに死をもたらした街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)に復讐(ふくしゅう)するチャンスをうかがっていた。だが、ロアークは手段を尽くして力を拡大、さらに悪女エヴァ(エヴァ・グリーン)の登場で街の腐敗は加速していく。そんな中、ギャンブラーのジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)がロアークにポーカーで勝負を挑む。

出典:シネマトゥデイ

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.1/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.14/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.3/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8/10
  • 批評家スコア 46/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 44/100
  • 批評家スコア 43/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.8/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.5/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.9/10   

平均スコア: 6.27/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

シン・シティ 評価まとめ

次の記事

ジョーズ 評価まとめ