若おかみは小学生! 評価まとめ

「若おかみは小学生!」(英題:Okko’s Inn)2018年9月21日に日本で公開された映画で、令丈ヒロ子による児童文学シリーズを原作としたアニメーションです。交通事故で両親を亡くし温泉旅館を営む祖母に引き取られた少女が、若おかみの修業に奮闘する姿を描いた物語です。監督は、スタジオジブリ作品で作画監督を務めてきた高坂希太郎、脚本は、「ガールズ&パンツァー」、「聲の形」などを手掛けてきた吉田玲子です。

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

あらすじ

小学6年生の女の子おっこは交通事故で両親を亡くし、祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られる。旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみの修行を始めることに。失敗の連続に落ち込むおっこだったが、不思議な仲間たちに支えられながら、次々とやって来る個性的なお客様をもてなそうと奮闘するうちに、少しずつ成長していく。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.29/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 7/10 
  • Metacritic
  • 批評家スコア 70/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 88/100
  • 批評家スコア 100/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.5/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.5/10   

平均スコア: 8/10

ポイント

家族を亡くした少女が魅力的なキャラクターと仕事を通して成長していくヒューマンドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

エイリアン 評価まとめ