スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け 評価まとめ

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」原題: Star Wars: The Rise Of Skywalker)は、2019年にアメリカで公開されたSF映画で、2015年に公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」、2017年に公開された「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に続く3部作の3作目で完結作です。監督と脚本を担当するのは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で監督を務めたJ・J・エイブラムスです。

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

あらすじ

ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは銀河各地に勢力を広げていき、その中で銀河の未知の領域にある惑星エクセゴルにたどり着く。そこでカイロ・レンは、かつての銀河帝国皇帝であり、死んだと思われていたパルパティーンの秘密を目の当たりにする。一方、レジスタンスのレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとして修行を積んでいたレイは、スパイからもたらされた「パルパティーンが生きている」という情報の真偽を探るため、フィンとポー・ダメロン、チューバッカら仲間とともに砂漠の惑星パサーナへと向かうが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.6/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.11/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.7/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 4.8/10
  • 批評家スコア 53/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 86/100
  • 批評家スコア 52/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.3/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.6/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.1/10   

平均スコア: 6.76/10

ポイント

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です