スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 評価まとめ

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」(原題:Star Wars: Episode VI Return of the Jedi)は、1983年にアメリカで公開されたSF映画で、「スター・ウォーズ」シリーズの第3作品目で、旧三部作の最終章です。監督は、針の眼の監督を務めたリチャード・マーカンドです。

Star Wars: Episode VI – Return of the Jedi (1983)

あらすじ

惑星タトゥイーンへと向かったルークとレイアは、大悪党ジャバ・ザ・ハットに捕らえられていたハン・ソロの救出に成功。修行を続けるため再び惑星ダゴバを訪れたルークは、ヨーダから驚くべき自身の出生の秘密を明かされる。一方、反乱軍は帝国軍が衛星エンドアに第2のデス・スターを建造しているとの情報をキャッチし、これを打ち破るため大規模な作戦を展開する。レイアやソロは、エンドアの原住民イォーク族の力を借り、デス・スターを守るバリア施設破壊を目指す。そしてルークは、ダース・ベイダーを暗黒面から目覚めさせようと、単身帝国軍のもとへ乗り込むが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.16/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.3/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.3/10
  • 批評家スコア 53/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 94/100
  • 批評家スコア 82/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.4/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.3/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア: 8.1/10

ポイント

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です