スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 評価まとめ

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」(原題:Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back)は、1980年にアメリカで公開されたSF映画で、「スター・ウォーズ」シリーズの第2作目です。監督は、「ネバーセイ・ネバーアゲイン」、「ロボコップ2」の監督を務めた、アーヴィン・カーシュナーです。

あらすじ

帝国軍のデス・スターを破壊し、反乱軍が一矢を報いてから3年。帝国軍は猛反撃を開始し、反乱軍は極寒の惑星ホスに新たな秘密基地を築いて時をうかがっていた。しかし、帝国軍の攻撃によりホスの秘密基地からも撤退を余儀なくされ、反乱軍は窮地に立たされる。そんな中、ルークはフォースの修行を積むため、惑星ダゴバにいるというジェダイ・マスター、ヨーダの元を訪れる。一方、ホスから逃げ延びたハン・ソロとレイア姫は、ハン・ソロのかつての仲間ランドを頼って雲の惑星ベスピンにたどりつくが、一行はランドの裏切りによってダース・ベイダーに捕らえられてしまう。仲間の危機を知ったルークは救出に向かい、ダース・ベイダーと対峙するが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.35/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.7/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 9/10
  • 批評家スコア 82/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 97/100
  • 批評家スコア 94/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.4/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.3/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア: 8.39/10

ポイント

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です