スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 評価まとめ

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」(原題:Star Wars: Episode I The Phantom Menace)は、1999年にアメリカで公開されたSF映画です。1977年から公開された「スター・ウォーズ」シリーズの旧3部作から新たに描かれたシリーズ前日譚で、シリーズ第4作目です。フォースの力を宿す少年アナキン・スカイウォーカーが、旧三部作の悪役のダースベイダーになるまでの姿を描いた物語です。監督は、「エピソード4/新たなる希望」の監督で生みの親であるジョージ・ルーカスです。

Star Wars: Episode I – The Phantom Menace (1999)

あらすじ

平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃され、その事件の調査に向かったジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、メカの不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着する。そこで出会った9歳の少年アナキンに眠るフォースの力を感じ取ったクワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとするが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.7/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.84/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 6.1/10
  • 批評家スコア 51/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 59/100
  • 批評家スコア 53/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.2/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 7.6/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.9/10   

平均スコア: 7.12/10

ポイント

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です