ターミネーター4 評価まとめ

「ターミネーター4」(原題:Terminator Salvation)は、2009年にアメリカで公開されたSF映画です。シリーズ3作で断片的に語られていた、核戦争後のスカイネットと人類の全面戦争を描いた物語です。監督は、「チャーリーズエンジェル」のマックG、主演は「ダークナイト」のクリスチャン・ベールです。

Terminator Salvation

あらすじ

西暦2018年。スカイネットに抵抗する人類の戦いを導くはずのジョン・コナーだが、記憶喪失の謎の男マーカス・ライトとの出会いにより、その決意が揺らぎ始める。果たしてマーカスの正体は……。ジョンはマーカスとともにスカイネットの中枢へ侵入するが、そこで恐るべき秘密を目にすることに。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.2/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.46/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.2/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 5.9/10
  • 批評家スコア 4.9/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 54/100
  • 批評家スコア 33/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.7/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 7.7/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.8/10   

平均スコア: 6.35/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です