ターミネーター:新起動 ジェニシス 評価まとめ

「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」(原題:Terminator Genisys)は、2015年にアメリカで公開されたSF映画で、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ターミネーター」のシリーズ5作目で、ターミネーターシリーズのリブート作品です。出演は、サラ・コナー役は「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラーク、カイル・リース役は「ダイ・ハード ラスト・デイ」のジェイ・コートニー、ジョン・コナー役は「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のジェイソン・クラーク、監督は「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のアラン・テイラーです。

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

あらすじ

未来の人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーの母サラ・コナーを歴史から抹消するため、未来から殺戮マシーンのターミネーター「T-800」が送り込まれる。しかし、そこには老いた姿の同型ターミネーターが待ち受けていた。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.29/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.4/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 5.9/10
  • 批評家スコア 38/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 53/100
  • 批評家スコア 27/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.9/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 5.8/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.5/10   

平均スコア: 6.07/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です