ターミネーター ニュー・フェイト 評価まとめ

「ターミネーター:ニュー・フェイト」(原題:Terminator: Dark Fate)は、2019年にアメリカで公開されたSF映画で、1991年に公開された「ターミネーター2」の正当な続編にあたる3作目にあたり、ターミネーターシリーズ製作6弾目です。1、2作目の監督の「ジェームズ・キャメロン」が製作に復帰し、サラ・コナー役を演じたリンダ・ハミルトンも28年ぶりに復帰しました。監督は、「デッドプール」のティム・ミラーです。

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

あらすじ

人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.5/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.64/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.7/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.3/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 41/10
  • 批評家スコア 54/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 82/100
  • 批評家スコア 70/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.9/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 7.7/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 5.7/10   

平均スコア: 6.74/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です