スチュアート・リトル 評価まとめ

「スチュアート・リトル」(原題:Stuart Little)は、1999年にアメリカで公開された映画です。原作はE・B・ホワイトの小説で、小さなネズミ“スチュアート”が人間の家庭に養子入りして巻き起こす騒動を描いた物語です。監督は「ライオン・キング」のロブ・ミンコフ、脚本は「シックス・センス」のM・ナイト・シャマランです。

出典:imdb

あらすじ

リトル家はやさしいパパとママ、一人息子のジョージ、猫のスノーベルの幸せな4人家族。ある日、弟を欲しがるジョージのために養護施設に訪れたリトル夫妻は、人間の言葉を話すネズミ、スチュアートに出逢い、気に入って養子にもらい受ける。家族を持つという夢が叶って大喜びのスチュアートだが、人間の弟を欲しがっていたジョージは不満顔。スノーベルも自分がネズミのペットになるのが気にくわないのだった……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.2/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.23/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 5.9/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 6.6/10
  • 批評家スコア 6.1/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 41/100
  • 批評家スコア 67/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.7/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 7.7/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.8/10   

平均スコア: 6.61/10

ポイント

スチュアートとリトル家の出会いを通じて描かれる、家族愛

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です