グラン・トリノ 評価まとめ

「グラン・トリノ」(原題:Gran Torino)は、2008年にアメリカで公開された映画で、朝鮮戦争従軍経験を主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤する姿を描いた物語です。、監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッドが務めました。

(C)2009 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

あらすじ

朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 4.1/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.37/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4.1/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 8.1/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.9/10
  • 批評家スコア 72/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 90/100
  • 批評家スコア 81/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.6/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア: 8.34/10

ポイント

人との出会いを通して、失いかけていた人生を取り戻していくヒューマンドラマ

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です