天使にラブ・ソングを… 評価まとめ

「天使にラブ・ソングを…」(原題: Sister Act)は、1992年にアメリカで公開されたコメディ映画で、とある殺人現場を目撃し、組織に命を狙われるようになったクラブ・シンガーが、かくまわれた修道院で巻き起こす騒動を描いた物語です。監督は、「ダーティ・ダンシング」のエミール・アルドリーノ、主演は、ゴースト/ニューヨークの幻のオダ・メイ・ブラウンを演じたウーピー・ゴールドバーグです。

出典:imdb

あらすじ

とある殺人現場を目撃したために、組織に命を狙われるようになった売れないクラブ歌手が、裁判の日まで修道院でかくまわれるハメに。しかし、元々下町で下品に育った彼女がそんなに神聖にできるはずもなく、やがて、聖歌隊をゴスペル風に改造し……。

出典:allcinema ONLINE

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.4/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 6.4/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.3/10
  • 批評家スコア 51/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 65/100
  • 批評家スコア 73/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.1/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.7/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.1/10   

平均スコア: 7.56/10

シスター達の可愛さと魅力的な曲の数々

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です