ユージュアル・サスペクツ 評価・感想まとめ

「ユージュアル・サスペクツ」(原題:The Usual Suspects)は、1995年にアメリカで公開されたされたサスペンス映画で、5人の前科者による犯罪計画の顛末を巧妙なストーリー展開で描いた物語です。監督は、「X-MEN」シリーズの監督を務めたブライアン・シンガー、 脚本を担当したクリストファー・マッカリーは本作でアカデミー脚本賞を受賞し、ケヴィン・スペイシーは本作でアカデミー助演男優賞を受賞しました。

© Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

あらすじ

カリフォルニアの埠頭で麻薬密輸船が爆破されて27人が死亡し、現金9100万ドルが消えた。関税特別捜査官クイヤンは、ただ1人無傷で生き残った男キントを尋問する。6週間前、銃器強奪事件でニューヨークの警察に連行された5人の“常連容疑者”は釈放後に結託し、悪徳警官を襲撃して宝石を奪う。それを売りさばくためカリフォルニアへ向かった5人は、売人から新たなヤマを持ちかけられるが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

間違いなく2回観たくなる映画で、最後の展開に衝撃を受ける作品。

出典:映画com

二重三重にも練られた脚本に脱帽します。

出典:Yahoo映画

回想の使い方が効果的で散りばめられた伏線の回収が見事。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.9/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.05/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

終盤の畳みかけが素晴らしく、史上最高の映画のエンディングを迎えます。

出典:imdb

計算し尽されたミステリーサスペンスで誰もが騙されます。

出典:Metacritic

脚本と役者陣の演技が素晴らしく、ひと時も目を離せない。

出典:Rotten Tomato

見事に騙されてラスト10分の怒涛の巻き返しに鳥肌が止まらない。

出典:豆瓣

巧妙に作り込まれた脚本にキャストの見事なキャラ設定、演技が合わさっていてサスペンス映画の傑作。

出典:다음

時系列が分かり難かったり、伏線回収が分かりづらいが最後まで見るべき作品。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.8/10
  • 批評家スコア 77/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 96/100
  • 批評家スコア 89/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.6/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.9/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.9/10   

平均スコア: 8.37/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です