荒野の七人 評価・感想まとめ

「荒野の七人」(原題: The Magnificent Seven)は、1960年にアメリカで公開された映画で、黒沢明監督の日本映画「七人の侍」を西部劇化したリメイク作品です。監督は、「大脱走」の監督を務めた、ジョン・スタージェスです。

© 1960 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

あらすじ

無法者の被害に嘆くメキシコの寂れた田舎町では、用心棒を雇うことになり、クリス(ユル・ブリンナー)をリーダーとしてヴィン(スティーブ・マックィーン)やブリット(ジェームズ・コバーン)ら7人のガンマンが集結した。農民に自衛の策を教えるなどし、襲撃に備えるが……。

出典:シネマトゥデイ

日本サイト 評価まとめ

個性的で圧倒的な豪華キャスト陣が演じるキャラクターが魅力的な作品。

出典:映画com

勧善懲悪で分かりやすい英雄譚。

出典:Yahoo映画

ガンマンのカッコよさを追求したシーンの数々に興奮します。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.08/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

腕の立つガンマンにはない、弱い農民が持つ素晴らしさを描くメッセージ性が素晴らしい。

出典:imdb

オリジナルの「七人の侍」に比べ、全体的に明るく、悲壮感は抑え目です。

出典:Metacritic

農民とガンマンが一致団結して盗賊団に立ち向かう展開が熱い。

出典:Rotten Tomato

単純明快なストーリでありながら、キャラクターの立たせ方が上手く、村人との交流を通して深まる人間ドラマが見所。

出典:豆瓣

仲間を集めていく展開からラストのガンアクションまで見所が盛り沢山で一切退屈しない。

出典:다음

あまりにも有名なテーマ曲に興奮し、あまりにもカッコいいアクションシークエンスに鳥肌が止まりません。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 7.7/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.4/10
  • 批評家スコア 74/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 87/100
  • 批評家スコア 88/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.5/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.7/10   

平均スコア: 7.82/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です