マグニフィセント・セブン 評価・感想まとめ

『マグニフィセント・セブン』(The Magnificent Seven)は、2016年にアメリカで公開されたアクション映画で、1954年の日本映画『七人の侍』を基にした1960年の西部劇映画『荒野の七人』のリメイク作品です。監督は、イコライザーの監督を務めたアントワーン・フークア、出演は、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンです。

出典:imdb

あらすじ

暴虐の限りを尽くす男、バーソロミュー・ボーグに支配されたローズ・クリークの町の人々は、賞金稼ぎのサムを中心に、ギャンブラー、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを雇う。最初は金のため町を守ることになったサムらだったが、いつしかその目的が金だけではなくなっていることに気付く。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

最新の映像でリメイクされた銃撃戦がカッコイイ。

出典:映画com

原作に比べエンタメ性に特化しており、脚本は弱いがアクション要素がアップしている。

出典:Yahoo映画

七人のガンマンの武器が多彩であり、人種も様々で特徴的。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.7/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.68/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

原作の農民の良さを描いたメッセージ性が損なわれていて、物語に深みが欠けている。

出典:imdb

西部劇の痛快アクションシーンが盛沢山で退屈しない。

出典:Metacritic

勧善懲悪でわかりやすいストーリーですが、展開が単調で驚きが少ない。

出典:Rotten Tomato

個性的な7人のキャラが織り成すガンアクションが素晴らしい。

出典:豆瓣

圧倒的数と武装を持つ敵側が強力で緊張感がある。

出典:다음

農民の為に戦った崇高な英雄たちに焦点をあてていて、農民側のキャラクターが弱い。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 6.9/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 6.5/10
  • 批評家スコア 54/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 72/100
  • 批評家スコア 64/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.6/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.9/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.7/10   

平均スコア: 7.15/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ヒート 評価・感想まとめ