ザ・ヘラクレス 評価まとめ

「ザ・ヘラクレス」(原題: The Legend of Hercules)は、2014年にアメリカで公開されたアクションファンタジー映画で、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを描いた作品です。監督は、「クリフハンガー」、「ディープブルー」、「ダイ・ハード2」の監督を務めた、レニー・ハーリン、主演は、「トワイライト・サーガ」のエメット・カレン役のケラン・ラッツです。

(C)2013 HERCULES PRODUCTIONS, INC.

あらすじ

古代ギリシャ、オリンポスの神・ゼウスの子ヘラクレスは、美しい姫ヘベと愛し合うが、ヘベは政略結婚でヘラクレスの異父兄イピクレスの妻になることが決められてしまう。ヘラクレスはヘベと2人で逃げようとしたが捕らえられ、罰として戦地へ送り出される。仲間の戦士ソティリスと協力し、決して生きて帰れないと思われた戦場を生き延びたヘラクレスは、やがてイピクレスの父で暴君アンピトリュオン王の圧制から王国を解放する戦いに身を投じる。その過程でイピクレスからヘベを奪い返したヘラクレスは、名声を高めていく。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 2.6/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 2.8/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 5.1/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 2.1/10
  • 批評家スコア 22/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 33/100
  • 批評家スコア 4/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 4.9/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 5.1/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 4.2/10   

平均スコア: 5.26/10

ポイント

主演の肉体美とクライマックスの剣戟アクションシーン

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ヒート 評価・感想まとめ

次の記事

ヘラクレス 評価まとめ