ぼくのエリ 200歳の少女 評価・感想まとめ

「ぼくのエリ 200歳の少女」(原題: Låt den rätte komma in、英題: Let the Right One In)は、2008年にスウェーデンで公開された映画で、永遠に年をとらない吸血鬼の少女と、孤独な少年の交流を描いたヨン・アイビデ・リンドクビストの小説「モールス」の映画化作品です。

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

あらすじ

内気で友達のいない12歳のオスカーは、隣の家に引っ越してきた不気味な少女エリに恋をする。しかしエリの正体は、人間の血を吸いながら町から町へと移り住み、200年間も生きながらえてきたバンパイアだった。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

少年とヴァンパイアの儚く切ない純愛ストーリー。

出典:映画com

美しくも 哀しく 淡い恋愛模様が魅力的。

出典:Yahoo映画

優しさと残酷さを併せ持ったエリのキャラクター性。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.91/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.7/5   

海外サイト 評価まとめ

子供が主演する最も幻想的で独創的なダークファンタジー。

出典:imdb

芸術的で詩的であり、多くの点で善と悪の性質を探求する非常に深遠な映画。

出典:Metacritic

少女が普通ではないと感じながらも惹かれていく少年の心情が見てて悲しくなる。

出典:Rotten Tomato

ヴァンパイア作品の最高傑作で、人間の暗い面とヴァンパイアである悲しみを上手く表現できている。

出典:豆瓣

北欧の世界の独特な美しさを映像で表現していて素晴らしい。

出典:다음

あまりにも残酷な世界で二人の結末を考えると見るのが辛くなる。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 7.9/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.7/10
  • 批評家スコア 82/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 90/100
  • 批評家スコア 98/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.6/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.4/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 6.9/10   

平均スコア: 7.94/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です