セッション 評価・感想まとめ

「セッション」(原題: Whiplash)は、2014年にアメリカで公開されたされた映画で、ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を描いた作品です。監督・脚本は「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル、主演はマイルズ・テラー、J・K・シモンズです。

(C)2013 WHIPLASH, LLC. All Rights Reserved.

あらすじ

世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指導を受けることに。しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

音楽の世界で上を目指すには常軌を逸する努力が必要だと実感する。

出典:映画com

ジャズのリズムや音が心地よく、音楽に興味がない人でも入り込める。

出典:Yahoo映画

本作ほど見終わった後に興奮した作品はありません。ラストの10分間は画面に釘付けになります。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 4.1/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.1/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

血、汗、狂気で構成された指導法に身震いしますが、見終わった後の爽快感が凄まじい作品です。

出典:imdb

自分のアイデンティティを曲げない音楽へのこだわりに執念を感じれる。

出典:Metacritic

緊張と紆余曲折に満ちたダイナミックな本学映画。

出典:Rotten Tomato

内なる精神、内なる創造性を探求する旅の物語で、2つの異なる種類のアーティストを描いた作品。

出典:豆瓣

J・Kシモンズ演じる鬼教官フレッシャーの鬼気迫る演技が素晴らしい。

出典:다음

ミュージシャンの人生を追求した作品で、身震いするほど凄まじい演奏シーンの数々。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 8.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 8.9/10
  • 批評家スコア 88/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 94/100
  • 批評家スコア 93/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.7/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.4/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.3/10   

平均スコア: 8.5/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です