シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX 評価まとめ

「シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX」(The Last Sharknado: It’s About Time)は、2018年にアメリカで放送されたのテレビ映画です。2017年に公開された「シャークネード ワールド・タイフーン」の続編で、シリーズの6作目にして完結編です。日本では4DX劇場にて全国公開されました。

(C)2018 FELLS POINT PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

あらすじ

幾度ものシャークネードとの戦いで全てを失い、悲しみに暮れるフィンの前に、未来からやってきた息子ギルが現れる。フィンは平和な時を取り戻すため、過去のあらゆる時代で発生したシャークネードを壊滅するという使命の下、ギルとともに時間旅行に旅立つ。恐竜時代にやってきたフィンは元祖シャークネード1号と戦うが、同時に凶暴な恐竜も相手にせねばならず悪戦苦闘。そんなフィンの前に、死んだはずのノヴァやブライアンが現れる。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 3.3/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 2.99/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.3/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 3.5/10 
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 35/100
  • 批評家スコア 27/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 4.2/10    
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 4.4/10   

平均スコア: 4.91/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です