インサイド・マン 評価・感想まとめ

「インサイド・マン」(原題: Inside Man)は、2006年にアメリカで公開されたサスペンス映画で、銀行強盗グループと事件解決に向けて奔走する捜査官、そして現場に駆けつけた女性交渉人らの心理戦を描いた物語です。監督は「マルコムX」、「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督、キャストは、デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンです。

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生し、犯人グループのリーダー、ダルトン(クライブ・オーウェン)は人質を取って銀行に立てこもってしまう。現場に急行した捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は事件発生から7時間経っても行動を起こさない犯人たちに対し、時間稼ぎをしているのではないかとの疑問を抱き始める。

Yahoo映画

出典:imdb

あらすじ

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生し、犯人グループのリーダー、ダルトン(クライブ・オーウェン)は人質を取って銀行に立てこもってしまう。現場に急行した捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は事件発生から7時間経っても行動を起こさない犯人たちに対し、時間稼ぎをしているのではないかとの疑問を抱き始める。

出典:Yahoo映画

日本サイト 評価まとめ

目的が分からない銀行強盗と刑事との心理戦が見所。

出典:映画com

インサイドマンの意味が分かった時が凄い。練られた脚本が素晴らしい

出典:Yahoo映画

スタイリッシュな強盗シーンが緊迫感があり演出が見事。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.4/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.42/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.5/5   

海外サイト 評価まとめ

強盗犯と刑事との交渉劇を軸に徐々に謎が明らかになっていく脚本が絶妙。

出典:imdb

手に汗握る心理戦と何重にも張り巡らされた謎。

出典:Metacritic

ストーリー、配役、演出が絶妙で、犯人の強盗の意図が徐々にわかり引き込まれる。

出典:Rotten Tomato

数々の伏線が回収されるラストの爽快感が素晴らしい。

出典:豆瓣

激しい銃撃戦や派手な見せ場はありませんが、引き込まれる会話劇で楽しめます。

出典:다음

1回では全て理解するのが難しい難解な物語。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 7.6/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.4/10
  • 批評家スコア 76/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 85/100
  • 批評家スコア 86/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.7/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 7.5/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.8/10   

平均スコア:7.36/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です