運び屋 評価・感想まとめ

「運び屋」(原題: The Mule)は、2018年にアメリカで公開された犯罪映画で、87歳の老人で大量のコカインを運んでいた退役軍人であるレオ・シャープの報道記事に基づいています。監督と主演はクリント・イーストウッドが務めています。

(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

あらすじ

家族をないがしろに仕事一筋で生きてきたアール・ストーンだったが、いまは金もなく、孤独な90歳の老人になっていた。商売に失敗して自宅も差し押さえられて途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられたアールは、簡単な仕事だと思って依頼を引き受けたが、実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だった。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

家族と仕事という普遍的テーマを追求した傑作。

出典:映画com

実話を基に描いた、麻薬の運び屋という設定が緊迫感あり最後まで目が離せない。

出典:Yahoo映画

老いることの悲しさ、過去の後悔を重々しい描いたドラマ性が胸に刺さる。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.01/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

90歳にもなるクリント・イーストウッドだからこそ描けるメッセージ性。

出典:imdb

捜査官やギャングなど様々な組織の人間が登場しますが、それぞれの内面描写を描いていてドラマ性が深いです。

出典:Metacritic

老いても遅すぎることはなく、誰にでも人生をやり直せる可能性を追求したメッセージ性が深い。

出典:Rotten Tomato

犯罪に手を染めながら人としての心を完全に失わない姿に魅力を感じます。

出典:豆瓣

主人公の家族への失った信頼を回復しようと努力する姿に感動します。

出典:다음

実話に比べ、愛情あふれるヒューマンドラマに仕上がっており、心が温まります。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 7/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.3/10
  • 批評家スコア 58/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 66/100
  • 批評家スコア 70/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 8.2/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7.1/10   

平均スコア:7.45/10

ポイント

  • 過去の行いを懸命に罪滅ぼしをする切ない物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です