ロケットマン 評価・感想まとめ

「ロケットマン」(原題:Rocketman)は、2019年のイギリス・アメリカで公開されたミュージカル映画で、イギリスのミュージシャン・エルトン・ジョンの半生を描いています。 監督は、「ボヘミアン・ラプソティ」の監督を務めたデクスター・フレッチャー、主演は、「キングスマン」のタロン・エガートンです。

出典:imdb

あらすじ

イギリス郊外の町で両親の愛を得られずに育った少年レジナルド(レジー)・ドワイトは、唯一、音楽の才能には恵まれていた。やがてロックに傾倒し、ミュージシャンを目指すことを決意したレジーは、「エルトン・ジョン」という新たな名前で音楽活動を始める。そして、後に生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの運命的な出会いをきっかけに、成功への道をひた走っていくが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

エルトンジョンを知らなくても、彼の幼少期から大人までをミュージカル映像を交えながら描いており楽しめる。

出典:映画com

エルトン・ジョンの苦悩や体験を自身の曲に合わせて展開していくストーリーが魅力。

出典:Yahoo映画

彼の後悔と葛藤を凝縮した濃密な人間ドラマに心が震えます。

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.7/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.77/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.8/5   

海外サイト 評価まとめ

主演のタロンエガートンの歌唱力と表現力に驚かされます。

出典:imdb

栄光の裏の苦悩が色濃く描かれいて一人の人間として共感することができます。

出典:Metacritic

エルトンの人生を描いたMV集で、数々の名曲を堪能することができます。

出典:Rotten Tomato

彼の人知れぬ孤独や葛藤を知ることで、歌詞の意味に深みが増します。

出典:豆瓣

時間が短く、エルトンの心理描写が不足していて単調な構成になっている。

出典:다음

ミュージカルシーンの映像が美しく作り込みが素晴らしい。

出典:КиноПоиск 
  • imdb
  • ユーザースコア 7.3/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 7.3/10
  • 批評家スコア 69/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 88/100
  • 批評家スコア 89/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 7.2/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.6/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 7/10   

平均スコア:7.4/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です