ベン・ハー(1959) 評価・感想まとめ

「ベン・ハー」(原題:Ben-Hur)は、1959年にアメリカで公開されたア映画で、ルー・ウォーレスによる小説「ベン・ハー」の映画化作品です。59年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む史上最多の11部門を受賞しました。ウィリアム・ワイラー監督作品で、チャールトン・ヘストン主演です。

出典:imdb

あらすじ

些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。束の間の安住の後再び故郷へ戻った彼は、別れた家族が獄中死したと聞かされ戦車競技に出場する事を決意する。そこではメッサラとの宿命の対決が待っていた。

出典:Yahoo映画

日本サイト 評価まとめ

豪華なセットで描かれる戦闘馬車の迫力が凄まじく60年前の映像とは思えない。

出典:映画com

目の離せない展開が続き、長さを感じさせない壮大な物語。

出典:Yahoo映画

復讐に生きるベン・ハーとイエス・キリストの生涯を絡めた物語性が

出典:Filmarks
  • 映画com
  • ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 4.32/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

壮大な世界観・スケール・音楽に圧倒されます。多くの作品に影響を与えた不朽の名作です。

出典:imdb

CGを一切使わず、10000人のエキストラを使って撮影された映像の臨場感が素晴らしいです。

出典:Metacritic

ベン・ハーの数奇な運命を描いた物語で、人間の生涯を一から追体験してるかのような壮大なストーリー。

出典:Rotten Tomato

人間関係の描写が非常に丁寧で、敵味方どのキャラクターも魅力的。

出典:다음
  • imdb
  • ユーザースコア 8.1/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 9.1/10
  • 批評家スコア 90/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 89/100
  • 批評家スコア 86/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 8.6/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 9.1/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 8.1/10   

平均スコア:8.46/10

ポイント

  • 目の離せない展開が続き、長さを感じさせない物語
  • 豪華なセットで描かれる戦闘馬車の迫力

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です