スパイキッズ4D ワールドタイム・ミッション 評価まとめ

「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」(原題:Spy Kids 4: All the Time in the World)は、2011年にアメリカで公開されたスパイアクション映画で、「スパイキッズ」シリーズの第4作です。

あらすじ

母親(ジェシカ・アルバ)が元スパイと知った双子の姉レベッカ(ローワン・ブランチャード)と弟セシル(メイソン・クック)。世界の時間を止めて過去にさかのぼり、世界征服をたくらむ最強の悪党タイムキーパー(ジェレミー・ピヴェン)の暴挙を阻止するため、敵の手にある秘石クロノスサファイアを取り戻そうと、双子姉弟がスパイキッズとして立ち上がる。

出典:Yahoo映画

出典:imdb

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 2.6/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 3.22/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.1/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 3.5/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 2.9/10
  • 批評家スコア 37/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 37/100
  • 批評家スコア 22/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 5.7/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.8/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 3.7/10   

平均スコア:4.87/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です