スパイキッズ3-D:ゲームオーバー 評価まとめ

「スパイ・キッズ3-D:ゲーム・オーバー」(原題:Spy Kids 3-D: Game Over)は、2003年にアメリカで公開されたスパイアクション映画です。2002年に公開された「スパイキッズ2 失われた夢の島」の続編で、シリーズ第3弾です。監督は前作に引き続き、ロバート・ロドリケスです。

出典:imdb

あらすじ

2度にも渡る世界の危機を救ったスパイキッズの2人、カルメンとジュニのコルテス姉弟。だが現在、ジュニは秘密諜報員組織OSSに対する不信感から組織を脱退し、独立して探偵を始めていた。そんな中、巷ではバーチャル・ゲーム“ゲームオーバー”が発売され話題に。だが、悪の天才プログラマー、トイメイカーがそのゲームで世界の子供たちを洗脳し、世界支配を企んでいることを察知したOSSは、その陰謀を阻止するため、カルメンを“ゲームオーバー”の世界に送り込む。しかし、彼女も囚われの身となってしまうのだった。

出典:Yahoo映画

日本サイト 評価まとめ

  • 映画com
  • ユーザースコア 2.8/5  
  • Yahoo映画
  • ユーザースコア 2.76/5   
  • Filmarks
  • ユーザースコア 3.2/5   

海外サイト 評価まとめ

  • imdb
  • ユーザースコア 4.2/10 
  • Metacritic
  • ユーザースコア 5.4/10
  • 批評家スコア 57/100  
  • Rotten Tomato
  • ユーザースコア 25/100
  • 批評家スコア 45/100 
  • 豆瓣 
  • ユーザースコア 6.1/10    
  • 다음 
  • ユーザースコア 6.6/10   
  • КиноПоиск 
  • ユーザースコア 5.2/10   

平均スコア:5.41/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です