ラ・ラ・ランド 評価・感想まとめ

「ラ・ラ・ランド」(原題: La La Land)は、2016年にアメリカで公開されたミュージカル映画です。監督は、「セッション」、「ファーストマン」の監督を務めたデミアンチャゼルです。第89回アカデミー賞で監督賞、主演女優賞、撮影賞、作曲賞 、歌曲賞、美術賞の6部門を受賞しました。

Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

あらすじ

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

夢に向かって突き進む若き男女の人生を切なくも華やかに描いたミュージアム映画の傑作。

出典:映画com

美しい映像美とダンスと音楽の融合が美しく、ラスト10分の演出に感動します。

出典:Yahoo映画

夢を持つことの素晴らしさに愛する人がいる心強さが伝わるドラマに共感できます。

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.8/5  
  • Yahoo映画 ユーザースコア 4.1/5   
  • Filmarks ユーザースコア 3.9/5   

海外サイト 評価まとめ

恋愛や人生の喜びや切なさを見事にミュージカルで表現できている。

出典:imdb

二人の男女を通して人生に訪れる多くの分岐点について考えさせられる。

出典:Metacritic

エマストーンとライアンコズリングの演技に引き込まれます。

出典:Rotten Tomato

明るいタイトルからは想像できない大人の恋愛映画で、夢への挫折など困難な面も描いており、重厚な人間ドラマ。

出典:豆瓣

耳に残る楽曲の数々に見終わった後に名シーンを思い浮かべながら何度も聴き返したくなります。

出典:다음

音楽とビジュアルの雰囲気作りの完成度が抜群で、見終わった後の余韻がなんとも言えない

出典:КиноПоиск 

  • imdb ユーザースコア 8/10 
  • Metacritic ユーザースコア 8.4/10 批評家スコア 93/100  
  • Rotten Tomato ユーザースコア 81/100 批評家スコア 91/100 
  • 豆瓣  ユーザースコア 8.4/10    
  • 다음  ユーザースコア 8/10   
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.9/10   

平均スコア:8.15/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です