大脱走 評価・感想まとめ

『大脱走』(原題: The Great Escape)は、1963年にアメリカで公開された映画です。ドイツ軍の捕虜となったポール・ブリックヒルの捕虜収容所で体験した脱走計画をまとめた同名の小説を原作にしています。監督は、「荒野の七人」の監督を務めたジョン・スタージェスです。

出典:imdb

あらすじ

第二次世界大戦下、ドイツのルフト第3空軍捕虜収容所。脱出不可能と言われたこの捕虜収容所から、脱出を試みる連合軍の将兵、ヒルツ(スティーヴ・マックィーン)、ヘンドレー(ジェームズ・ガーナー)、シリル(リチャード・アッテンボロー)らがいた。彼らの計画した脱出計画を基に、前代未聞の、総勢250名にも及ぶ集団脱走が実行されたが……。

出典:Yahoo映画

日本サイト 評価まとめ

数々の名高い俳優陣が演じる、兵士達の人間模様が魅力的。

出典:映画com

ドラマ性が高く、キャラクター、ストーリーの作り込みが凄まじい。

出典:Yahoo映画

総勢250名で行われる壮大な脱獄計画にワクワクが止まらない。

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 4/5  
  • Yahoo映画 ユーザースコア 4.41/5   
  • Filmarks ユーザースコア 4/5   

海外サイト 評価まとめ

限られた条件の中で、試行錯誤して準備と実行する流れが見事で、脱走を描いた映画の最高峰。

出典:imdb

脱走シーンの緊迫感が凄まじく、手に汗握る展開の連続。

出典:Metacritic

命がけの脱走でありながら、コミカルなシーンが多く、シリアスとのバランスが絶妙にいい。

出典:Rotten Tomato

3時間の長さでありながら、テンポよく進んでいき全く長さを感じさせない。

出典:豆瓣

登場人物一人一人の個性が光っていて、人数が多くても把握しやすい。

出典:다음

脱獄という、自由を求める人間の根本にある欲求に焦点を当てたストーリーので、心が熱くなる。

出典:КиноПоиск 
  • imdb ユーザースコア 8.2/10 
  • Metacritic ユーザースコア 8.7/10     批評家スコア 87/100  
  • Rotten Tomato ユーザースコア 95/100    批評家スコア 94/100 
  • 豆瓣  ユーザースコア 8.4/10    
  • 다음  ユーザースコア 9.2/10   
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.4/10   

平均スコア:8.46/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

スピード2 評価まとめ

次の記事

ファーゴ 評価まとめ