チャッピー 評価・感想まとめ

「チャッピー」(原題: CHAPPIE )は、2015年にアメリカで公開されたのSF映画です。監督は、「第9地区」、「エリジウム」の監督を務めたニール・ブロムカンプです。

(C) Chappie -Photos By STEPHANIE BLOMKAMP

あらすじ

2016年、南アフリカのヨハネスブルグでは、テトラバール社の開発した警察ロボットが配備されて注目を集めていた。ロボット開発者のディオンは、自ら考え、感じる人工知能(AI)を独自開発し、スクラップ寸前の1台のロボットに密かにAIをインストールしようとする。しかし、その矢先にストリートギャングに誘拐されてしまい、AIをインストールして起動したロボットは、ギャングの下でチャッピーと名付けられ、ギャングとしての生き方を学び、成長していく。そして、ディオンのライバルでもある科学者ヴィンセントにチャッピーのことが知られ、その存在を危険視するヴィンセントによって、チャッピーは追い詰められていく。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

チャッピーのルールとモラルを教えられ、矛盾に戸惑いながら成長する過程が面白い。

出典:映画com

教育の重要さを痛感する作品で、教育や環境の違いで間違った方向に成長していくのが感じられる。

出典:Yahoo映画

チャッピーが可愛いですが虐待のシーンがかなり多く、見るのがつらい。

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.6/5  
  • Yahoo映画 ユーザースコア 3.66/5   
  • Filmarks ユーザースコア 3.7/5   

海外サイト 評価まとめ

近未来のリアルなメカの造形が素晴らしく、アクションシーンがかっこいい。

出典:imdb

チャッピーのキャラクター、CG、ユーモア、そして映画のメッセージ性がいい。

出典:Metacritic

AIの成長と交流、感情や自我の芽生のストーリーラインは粗くて描写不足。

出典:Rotten Tomato

ラストで賛否が分かれる作品で、捉え方次第で不気味に思える。

出典:豆瓣

心を持ったAIロボットを描いたSF映画であり、遠くない未来に実現しそうな世界観で希望を感じた。

出典:다음

チャッピーのキャラは非常に立っており、自我を獲得したAIロボットの成長物語で娯楽的。

出典:КиноПоиск 
  • imdb ユーザースコア 6.8/10 
  • Metacritic ユーザースコア 7.2/10     批評家スコア 41/100  
  • Rotten Tomato ユーザースコア 56/100    批評家スコア 32/100 
  • 豆瓣  ユーザースコア 7.3/10    
  • 다음  ユーザースコア 7.3/10   
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.2/10   

平均スコア:6.73/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です