アンブレイカブル 評価・感想まとめ

「アンブレイカブル」(原題:Unbreakable)は、2000年にアメリカで公開されたSF映画です。監督は、「シックス・センス」、「スプリット」、「ミスター・ガラス」の監督を務めたM・ナイト・シャマランです。3部作のシリーズ物になっていて、2016年に公開された「スプリット」が続編になります。

出典:映画com

あらすじ

フィラデルフィアで起こった悲惨な列車衝突事故。131人の乗員・乗客が死亡したこの事故で、デビッドはただ1人、傷ひとつ負わず奇跡的に死を免れた。「なぜ、俺だけが?」 やがてイライジャと名乗る男が現れ、デビッドこそが不滅の肉体を持つ者“アンブレイカブル”であり、弱き者を守る使命を帯びたヒーローだと告げる。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

展開がゆっくりでかつ暗く、ヒーローものをここまで地味に描いた作品は珍しい。

出典:映画com

暗く展開が地味なため、派手なヒーロー映画のような爽快感がないため賛否が分かれる。

出典:Yahoo映画

静かなヒーロー映画、描き方や視点が独特で面白く、新鮮なヒーロー映画。

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.1/5  
  • Yahoo映画 ユーザースコア 3.22/5   
  • Filmarks ユーザースコア 3.4/5   

海外サイト 評価まとめ

非常に過小評価され、誤解されている映画で、「悪」と「善」の本質を描いたテーマ性が素晴らしい。


出典:imdb

両極にいる2人の対比を描いた脚本に引き込まれる。最後の真相の明かされ方が見事。

出典:Metacritic

独特なカメラワーク、魅力的な音楽、心理描写に力を入れた脚本でM・ナイト・シャマランの良さが詰まった作品。

出典:Rotten Tomato

話のテンポが遅く途中飽きていまうかもいれないが、ラストが衝撃的で最後まで見て欲しい作品です。

出典:豆瓣

派手なアクションはないが、アメコミヒーローの序章を現実的に描いた映画で斬新。

出典:다음

アンチヒーロー物で、ヒーローになる主人公の内面の葛藤を描いてる所が見所。

出典:КиноПоиск 
  • imdb ユーザースコア 7.3/10 
  • Metacritic ユーザースコア 8.4/10     批評家スコア 62/100  
  • Rotten Tomato ユーザースコア 77/100    批評家スコア 70/100 
  • 豆瓣  ユーザースコア 6.8/10    
  • 다음  ユーザースコア 7/10   
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.1/10   

平均スコア:6.92/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

アルゴ 評価・感想まとめ

次の記事

スプリット 評価まとめ