トレイン・スポティング 評価・感想まとめ

「トレインスポッティング」(Trainspotting)は、1996年にイギリスで公開されたヒューマンドラマです。アーヴィン・ウェルシュの小説が原作で、監督は「28日後」、「サンシャイン2057」の監督を務めたダニー・ボイルです。

Photo:Moviestore Collection/AFLO

あらすじ

ドラッグ中毒のマーク(ユアン・マクレガー)と悪友たちは常にハイ状態か、あるいはドラッグを手に入れるため盗みに精を出しているというていたらく。ある日、マークはこのままではいけないと更生するためにロンドンに行き職に就く。ところが、彼らの仲間が会社に押し掛けたことが原因で、マークはクビになってしまう。

出典:Yahoo映画

日本サイト 評価まとめ

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.6/5  
  • 話のテンポが良く、薬物中毒な若者をテーマにしているヒューマンドラマ。
  • Yahoo映画 ユーザースコア 3.7/5   
  • 考えうる限り、これ以上に最高の終わり方をする映画はない。
  • Filmarks ユーザースコア 3.8/5   
  • 危険ドラッグの怖さをリアルに再現した作品であり、中毒者目線で描かれていて、疑似体験ができる。

海外サイト 評価まとめ

  • imdb ユーザースコア 8.1/10 
  • 映像と音楽、演技も含めて演出が素晴らしい
  • Metacritic ユーザースコア 8.7/10     批評家スコア 83/100  
  • 麻薬 セックス 裏切りなど、負の部分に溢れた映画でありながら魅力的な音楽、映像の要素により娯楽作として楽しめる。
  • Rotten Tomato ユーザースコア 93/100    批評家スコア 91/100 
  • 薬に染まった演技と葛藤が絶妙に描かれていて、人生において選択の大切さが伝わる。
  • 豆瓣  ユーザースコア 8.5/10    
  • 色々な感情が心に深く刻み込んでくれるような、非現実でありながら感情移入できる作品。
  • 다음  ユーザースコア 8.4/10   
  • ドラッグ中毒の若者たちの日常をリアルに描いている汚い青春映画。
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.9/10   
  • 常に嫌悪感に満ち溢れたストーリーと常に何かに迫られているような感覚。トイレのシーンが恐ろしい。

平均スコア:8.09

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です