時計じかけのオレンジ 評価・感想まとめ

「時計じかけのオレンジ」(原題:A Clockwork Orange)は、1971年にアメリカで公開された映画です。アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作としていて、監督は、「2001年宇宙の旅」、「シャイニング」の監督を務めたスタンリー・キューブリックです。

出典:映画com

あらすじ

非行少年による暴力が横行する近未来のロンドン。アレックスも仲間を引き連れ、喧嘩とレイプに明け暮れる日々を過ごしている。ある夜、中年女性を死に至らしめた彼は刑務所行きに。しかし2年後、とある治療法の被験者になることを条件に、社会に戻ることを許されるが……。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.8/5  
  • 独特で暴力的な内容ですが芸術的な映像に引き込まれます。
  • Yahoo映画 ユーザースコア 3.82/5   
  • 暴力的なシーンが過激的で好き嫌いが分かれる作品。
  • Filmarks ユーザースコア 3.8/5   
  • 人間の根源的な暴力騒動の恐ろしさを感じさせる内容。

海外サイト 評価まとめ

  • imdb ユーザースコア 8.3/10 
  • 独特で奇抜なビジュアルに魅力的なミュージックが織りなす芸術性。
  • Metacritic ユーザースコア 7.7/10     批評家スコア 80/100  
  • 作品全体を通して人間の本質を描いていて、道徳的メッセージ性が深い。
  • Rotten Tomato ユーザースコア 93/100    批評家スコア 87/100 
  • ビジュアルと音楽のセンスが素晴らしく、雰囲気だけで楽しめる作品。
  • 豆瓣  ユーザースコア 8.5/10    
  • 主人公に全く共感できない問題作。
  • 다음  ユーザースコア 8.4/10   
  • 人間の狂気を感じさせられるラストシーンに背筋が凍る。
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.9/10   
  • 不快感が終始纏わりつく内容で斬新な映画。

平均スコア:8.09

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です