ベイブ 評価・感想まとめ

「ベイブ」(原題:Babe)は、1995年にアメリカで公開されたコメディ映画です。第68回アカデミー賞ではアカデミー視覚効果賞を受賞し、作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞、美術賞、編集賞にノミネートしました。

出典:imdb

主要キャラ キャスト 主な作品

  • ベイブ/ クリスティーン・カヴァナー
  • アーサー・ホゲット/ジェームズ・クロムウェル  「グリーン・マイル」、「スパイダーマン3」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国 
  • エズメ・ホゲット/マグダ・ズバンスキー                   
  • ホゲット / ポール・ゴダード                                        
  • フライ /ミリアム・マーゴリーズ  
  • レックス /ヒューゴ・ウィーヴィング 「マトリックス」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「Vフォー・ヴェンデッタ」

あらすじ

子ブタのベイブは、収穫祭の体重当てコンテストの賞品として、無口な農場主アーサー・ハゴットに引き取られた。農場にはさまざまな動物たちが住んでおり、色々なルールがあった。牧羊犬の母犬フライは、母を恋しがって泣くベイブを、自分の子供たちと一緒に育てる。ある日、牧場に羊泥棒が現れた。ベイブは主人に急を知らせるべく急ぐ。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.5/5  レビュー数24
  • 動物たちのキャラ設定が楽しく家族で楽しみたい作品。
  • Yahoo映画 ユーザースコア 4.11/5  レビュー数622件  
  • 動物目線で描く心温まるストーリーで勇気と優しさを貰えます。
  • Filmarks ユーザースコア 3.6/5   レビュー数30436
  • コメディでありながら深い脚本。家畜としての役割や誇りに向き合う姿は考えさせられます。

海外サイト 評価まとめ

  • imdb ユーザースコア 6.7/10 レビュー数 112505
  • ベイブを通して、自分の出生や環境を乗り越えて、自分らしく生きることの素晴らしさを実感できる。
  • Metacritic ユーザースコア 7.8/10  レビュー数104件   批評家スコア 97/100 レビュー数70
  • 500匹にも上る本物とアニマトロニクスを巧みに組み合わせた、動物たちの演技と動物の存在を考えさせられるテーマ性。
  • Rotten Tomato ユーザースコア 67/100  レビュー数508744件  批評家スコア 97/100 レビュー数70
  • 牧羊犬の凄さに感動する作品。レックスとフライが羊を誘導する場面は圧巻です。
  • 豆瓣  ユーザースコア 8.1/10   レビュー数12007件 
  • 優しいさと親切な心で偏見を乗り越えて自分の運命を変える感動のサクセスストーリー。
  • 다음  ユーザースコア 8.4/10   レビュー数32
  • 牧場主の老人アーサー演じる、ジェームズ・クロムウェルの演技に感激します。
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7/10   レビュー数19856
  • 本作を観た後一日お肉食べられなくなる。

平均スコア:7.65/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です