トランスフォーマー 最後の騎士王 評価・感想まとめ

「トランスフォーマー/最後の騎士王」(原題:Transformers: The Last Knight)は、2017年にアメリカで公開されたSF映画です。「トランスフォーマー ロストエイジ」の続編で、監督は前作に引き続きマイケル・ベイです。

(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

主要キャラ キャスト 主な作品

  • ケイド・イェーガー/マーク・ウォールバーグ 「ディパーテッド」、「ミニミニ大作戦」、「テッド」、「ローン・サバイバー」
  • イザベラ /  イザベラ・モナー
  • エドモンド・バートン /  アンソニー・ホプキンス 「羊たちの沈黙」、「マイティーソー」
  • ヴィヴィアン・ウェンブリー / ローラ・ハドック 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
  • ウィリアム・レノックス/ジョシュ・デュアメル
  • シーモア・シモンズ/ ジョン・タトゥーロ  

あらすじ

トランスフォーマーの起源であり「創造主」と呼ばれる異星人が、惑星サイバトロンの再生と地球侵略を計画。それを阻止すべく旅立ったオプティマス・プライムだったが、創造主に捕えられて洗脳されてしまい、人類を滅ぼすべく地球に舞い戻ってくる。一方、オプティマスが不在中の地球では、バンブルビーがオートボットの新たなリーダーとなり、復活したメガトロンとディセプティコンに対抗していた。バンブルビーらオートボットと行動をともにするケイド・イェーガーは、孤児の少女イザベラを助け、謎の英国紳士バートンの導きによってイギリスに向かうが、バートンのもとでオックスフォード大学の教授を務める女性ヴィヴィアンと引きあわされる。バートンは、ケイドとヴィヴィアンに、これまで隠されていた真実を明かすが……

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.2/5  レビュー数249
  • 惰性で作られたような作品で、アーサー王の話が出てきたり整合性がない。
  • Yahoo映画 ユーザースコア 3.24/5  レビュー数2517件  
  • ひたすら戦闘シーンの迫力とCGで押し切ってくる映画。
  • Filmarks ユーザースコア 3.5/5   レビュー数18036
  • 人間ドラマや緻密なストーリーを求めていないが、それにしてもストーリーが酷い。

海外サイト 評価まとめ

  • imdb ユーザースコア 5.2/10 レビュー数 127857
  • 謎の設定を詰め込みすぎたせいで、肝心の娯楽要素が薄く、最悪のトランスフォーマー映画。
  • Metacritic ユーザースコア 4.1/10  レビュー数534件   批評家スコア 27/100 レビュー数47
  • 常識を超えた出来の悪さ。
  • Rotten Tomato ユーザースコア 44/100  レビュー数39725件  批評家スコア 15/100 レビュー数248
  • 退屈で何度も寝落ちしそうになった。
  • 豆瓣  ユーザースコア 4.9/10   レビュー数198361件 
  • 第1作目の圧倒的な強さを誇るメガトロンの魅力がなくなっていて残念。
  • 다음  ユーザースコア 5.4/10   レビュー数1275
  • 映像1つ1つの描写はすごく綺麗ですが、ストーリーが破綻が酷い。
  • КиноПоиск  ユーザースコア 5.5/10   レビュー数51751
  • 尺が長く、話を詰め込みや過ぎ。

総評

平均スコア:5.25/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です